本が一冊 ひとつの世界がそこにある 

表紙は頭  裏表紙は背中  中をそっとのぞいていくと 

思う以上だったり 予想外だったり 薄っぺらだったり 重厚だったり 

それは手にとった人により 生涯の出合いとなったり 通りすがりの一冊となったり 

まるで人との出会いのように その計り知れないところが好きなのかもしれない


< お知らせ >

 

< おまめの豆本づくりWS >

コロナのため延期中